ED治療をあまり難しく考えないで

ED治療について悩んでいる男性

ED治療を諦めてはいませんか?中々人に言えない悩みなので無理もありません。でも悩むのは卒業しましょう!色々と方法はありますので、勇気を出してEDから脱却する為の治療をしていきましょう!

ED治療のパターンとその流れについて

男性にとってEDの悩みは深刻な問題です。他人に相談しにくいこともあり、一人で抱え込んでしまうことも少なくありません。EDは中高年の男性なら意外に多いのが現実ですから、恥ずかしがらずに病院へ行くことが大切です。
ED治療には投薬による治療パターンが一般的とされています。副作用が少なく、またインターネットなどを利用すれば自宅でも行うことができるのが大きなメリットです。実はこの他にもEDには治療法があります。
ひとつは海綿体注射と呼ばれる、局部に直接注射を行う治療法です。この場合は即効性があることが大きな特徴で、注射をした5分後には効果が感じられます。病院で施術を行うことも可能ですが、自宅での注射も可能です。
局部に補助具をつけるという治療法もあります。この場合は血流を活発化させることにより、勃起を誘発します。この場合はいつでも何度でも行うことができ、また医薬品を使わないため体への負担も小さいことがメリットです。
そして最後に外科手術による本格的な治療です。流れとしては、まず受付でED治療を希望していることを伝えます。次に口頭による質問を受け、血液検査や尿検査、場合によっては心電図測定などの検査を受けます。その後に各自にあった手術法を相談していくといった流れになります。なおED治療では健康保険が適用されないことが多いので、治療費は高額になる場合がほとんどです。予算や術後の副作用についてもよく確認する必要があります。複数の病院で診断を受け、よく比較してから検討することも重要といえるでしょう。中にはカウンセリングを無料で受けられる病院もあります。
ED治療には様々な選択肢があります。一人で抱え込まずに、まずはED治療するなら専門家を訪ねよう

ED治療に手術は必要ない?

ED(勃起障害)を外科手術で解決する方法もあります。しかし、手術をしなくてもED治療薬を服用する薬物療法で改善できるケースが大半です。外科手術をしなければならないのは、次の4つのいずれかに当てはまっているケースだけです。
1つ目は動脈と静脈が毛細血管を介さずに繋がっているために、血流を阻害している場合です。
2つ目は陰茎深動脈が細すぎる場合です。
3つ目は外傷によって血管機能が不全になってしまった場合です。
4つ目は外部からの圧迫によって、血管異常を起こしている場合です。つまり、血管に異常をきたしていない場合は手術をしないということです。怖くて体に負担をかける手術を受けなくても、大半のEDは投薬だけで改善できるので、まずは医療機関で何が原因でEDになっているのかを診断してもらいましょう。4つ目の外部からの圧迫によるEDは、自転車が原因で起こることが多いです。サイクリングEDとも呼ばれていて、健康のために自転車に乗り始めたらEDになってしまったというケースもあります。また、自転車競技の選手がサイクリングEDになってしまうというケースもあります。サイクリングEDを予防するには、あまり細いサドルを選ばないようにしたり、柔らかい布を巻くなどして対処しましょう。投薬治療では、全身の血流を改善させる薬を使います。勃起が起こるにはペニスの海綿体に十分な血液が流れ込むことが必要です。血管を広げる物質を壊してしまうのがPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素で、EDの人はペニスにこのPDE5が多いです。ED治療薬は、この酵素の働きを阻害することで血管拡張物質の破壊を防いで勃起に必要な血液量を確保します。
有名なED治療薬を挙げるとバイアグラ、レビトラ、シアリスがありこの3つのジェネリックも存在します。その他にも第4のED治療薬と呼ばれているザイデナがあります。ザイデナは韓国発の治療薬で、有名なED治療薬と比べてアジア人の体質に合う薬になっているので、比較的副作用が少ないのが特徴です。

ED治療薬なら海外の輸入品を見定めて購入しよう

ED治療薬を購入するのならば、海外の輸入品を見定めて購入することが非常に重要になります。薬事法では、海外で薬を仕入れて日本国内で販売することを禁止していますが、まったくの個人が海外から薬を購入してそれを日本国内で利用することを認めています。やってはいけないのは、薬を提供したり販売したりすることなので、薬そのものを購入することは法律的にも禁止されていないということを知っておきましょう。形として個人輸入として購入することになりますので個人の目的以外で薬を利用してはいけないということをきちんと理解しておく必要があります。個人目的で購入した薬を利益を目的として販売したりまたはそれに類する行為を行うと、購入した人は罪に問われることになるので本当に気をつけておくことが大事です。キチンとルールを守って購入すれば格安でED治療薬を使うことができるので非常に便利なのです。クリニックでは薬の処方に関して保険を適用することが不可能であるケースが大半で、費用に関してはなるべく抑えたほうが良いのでこのような買い方があることを知っておいて損はありません。一般的に、海外のED治療薬はジェネリック医薬品というカテゴリーで販売されています。この薬は、先発医薬品の成分を研究して先発医薬品とほとんど同じ効力を発揮することができるように考えられていますので、これを服用すると実際に勃起の作用を確認することができるようになります。しかも、購入価格もジェネリック医薬品のほうが遥かに安くなっている傾向にありますので、これを利用すれば特に継続的に服用しようと考えている人にとっては非常にお得に購入することが出来るようになります。
■即効性のあるED治療薬はこちらです
レビトラ 通販
■中折れ等の症状のED治療に効果があります
シアリス